2008年01月13日

冬の日本海を旅してみる・その6。

kuwagawa-26.jpg冬の新潟編、やっと最終回であります。
雪の降る新潟で名店を探す訳ですが
とりあえず繁華街の古町(ふるまち)へ。

適当に選んだ店が当たりな感じでした。


kuwagawa-27.jpgするどく呑みつつ、
新幹線の時間が早いんで戻らないと。。。

と言いつつ、こんな写真くらいは抑えておかないと。。
越後線ですね、たぶん。
何年か前に電化された時と、大体同じ車両みたいです。
ここが非電化だったのは、かなり昔になったのですね。。



非電化(ディーゼル)の時代の記憶が異常に強いのですが、
実は従兄弟の家がこの列車の沿線にある訳で。。。
駅としてはすっとぼけた後輩の名字と同じなんで割愛しますが、
20系・30系・45系・58系とオールスター勢揃い(?)で
子供心に萌えまくってた思い出が強いトコであります。

同じ時間の列車でも、日によって車両が違うのが好きだったんでしょうなぁ。。
それだからか、今でも列車の編成が綺麗に揃ってるのは萌えません。
1両か2両くらい異端児がいないと。。。

kuwagawa-28.jpg新幹線は最終になってしまいました。
上越はMaxだらけなんですね。

毎度思うのですが、これは壁のような威圧感があります。
とにかくデカ過ぎ。



kuwagawa-29.jpgMaxの眼。

クジラっぽいですね。



kuwagawa-30.jpg指定席を車両の端っこにしたら
個室のようになってしまいました。
これだけいないと、かなり快適です。
我が家のようにくつろげます。
むしろ広い分、家より快適。。。



この旅、発端は会社の人が「キハ(ディーゼルカー)に乗って温泉と海!」と
言ったことから始まったのですが、殊の外いい旅になりました。
天気がよろしくなかったのが残念ではあるものの、
冬の日本海はまぁ、そんなものなんで。

個人的には米坂線を完乗できたんで良し、と。
あと何年かで車両が変わるでしょうからねぇ。。
つーことで年末の旅なのに、ここまで引っ張ってしまいました。
これ書いてたら、また旅に出たくなってしまいますが、なかなかそうも行かず。。。




posted by ごん助。 at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長編ドキュメンタリーたのしかったです。
>同じ時間の列車でも、日によって車両が違う、、、
確かに。
母方の実家がやはりJ番線沿線だったのですが、幼少の頃は電車や客車が入り混じっていたのがなんとなく楽しかったです。
システマチックになるのは企業としてしょうがないのですがねえ。
その点、大鉄はGJ!(笑

この前イ君と金谷菊川間のポイント、探索してきましたヨ。イ君が”ごん助クンにおしえてあげよう”と張り切っていました。
Posted by otosan at 2008年01月15日 22:17
そのポイント、是非次回行きましょう。

J番線も雑多な感じでしたね。
たまに走ってくるディーゼルの荷物列車が萌え萌えでした。
キニとかだったかな?
Posted by ご。 at 2008年01月15日 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。