2010年05月24日

京成線の車内から伝説の駅を見た!

雨の日曜日、久々に京成電車に乗った。
京成と言えばスカイライナー。
上野や日暮里から成田空港へ行くのがメインの私鉄である。
で、その支線に青砥から押上を経由し都営浅草線やその先の京急へ行く押上線や
高砂から千葉ニュータウン方面へ行く北総線(これは別会社)もある。
ちなみに北総線の先は成田空港延伸に向けて絶賛建設中だ!

で、そもそも何で京成に乗ったのかと言うと残余地を巡るツアーに参加したから。
残余地については今回案内して頂いた方のサイト「THE 残余地」を是非!
四ツ木から立石にかけての残余地が素晴らしかったのだが、
それは別の機会にして今回は京成のお話。



hakudoh-07.jpg

四ツ木駅に降りたら都営と京急の電車がすれ違った。
ここは京成の駅なのに京成電車がいないなんて!
ちなみに後ろの京急は発車する時に「♪ド〜レミファソ〜」と
音階のような音を鳴らしながら発車する素晴らしい電車!



四ツ木を降りて散策した後、ちょっと一杯やって帰る時にもまた乗った。
今度はC-Flyerと呼ばれている北総線の電車だ。
前述のように都営・京急・北総線とそれぞれ乗り入れしているため
電車も勿論それぞれの会社の車両が使われている。
都合4社分なので、それはそれはいろんな電車がやってきて面白い。


hakudoh-06.jpg

元々は「住宅・都市整備公団(UR)」所有の電車。
全部で3編成しかないのでけっこうレアキャラだと思う。

青砥駅で降り、上野行きに乗り換えることにした。
電車を待っていたら「今度の電車は4両編成です」とのこと。
ん???
4両編成はまだ走ってたのか!!
てっきり6両や8両に変わっていると思っていた。


hakudoh-02.jpg

やってきたのはこの電車。
良く見ると昔から走っていた京成電車だ!



hakudoh-03.jpg

車内も椅子や壁の色など、どことなく懐かしい感じがする。
THE 昭和な感じだ。



hakudoh-05.jpg

ドアに貼ってあるステッカーは平成だ。
このパンダ、すごいゆるキャラだと思う。

ところで、京成には4両編成しか止まらない駅があったのを
ご存知の方がいらっしゃるかも知れない。
もう廃止されてしまったが日暮里と上野の間にその駅があった。
4両編成の一番前の車両の一番前のドアから降りようとすると、
目の前がカベという凄い駅があったのだ。
この日は一番前に乗ったので、その駅が見えるかもとワクワクしていたら。。。



hakudoh-01.jpg

どーん!!!
見えた!
伝説の駅・博物館動物園!!!

上野の博物館や動物園に便利なようにと作られた駅だったが、
ホームの長さがギリギリ4両分までしか無く停まる列車が限られることから
不便だし利用客も少ないよね、という理由で数年前に廃止された。
駅が古いためか薄暗い上に壁に描かれたペンギンや像の絵が
経年変化ですすけていたのも話題となった駅でもある。
一時期「こち亀」に取り上げられてから一気に混んだ時期もあった。




hakudoh-08.jpg

春頃に上から見た駅舎がこんな感じ。
駅ができた当時は相当おしゃれな感じだったに違いない。
何とかして現状のホームに行ってみたい駅だ。
現役当時も廃墟みたいな駅だったが、
今は文字通り廃墟というか廃駅だ!!!

日暮里から上野の間の地下区間で見ることができるので、
京成線ユーザーで興味のある方は是非ともご確認を!!!
感動するよ!




hakudoh-04.jpg

京成上野の改札を出た所にこんな看板があった。
確かに我が街「AKIHABARA」ではメイドさんをたくさん見かけるが
海外から来た方々にこの宣伝はいかがなものか。。。
間違ってはないんだけど、それだけじゃないぞ!
と声を大にして言いたい。
posted by ごん助。 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック