2010年02月20日

調布の地下が凄いことになってた。

新宿から八王子・多摩へ行く京王線の調布駅付近で工事をしています。
地べたを走ってる線路を地下化して、踏切を減らそう作戦です。
そして調布駅での乗り換えが便利になるそうです。
そのトンネルの工事現場を見学できるということをtwitterで知ったので
するどく行ってきました。

chofu-01.jpg

これまた見事なまん丸いシールドトンネル。



chofu-02.jpg

集合場所は国領駅近くの立坑入口です。
絶賛工事中な雰囲気がぷんぷんしています。
それにしても良い天気!
なのですが、今日は地下に潜ります。



chofu-03.jpg

すぐ横で走ってる京王線。
もうすぐ無くなる白い電車がちょうどきたので撮っておきました。
ちょっと前まではこればっかり走ってた記憶なんですが、
いつのまにか少なくなっていたようです。



chofu-04.jpg

午前10時から見学できるということで、ちょっと早いけど9時半に行ったら
なんか人が一杯で並んでるんです。
貰った整理券は10時40分の組。
思っていた以上に大人気でした。



chofu-05.jpg

機械安全ファイブ。
現場の方々が安全を保ってるおかげで僕らも見学できるのですね。
有り難いことです。



chofu-06.jpg

時間が来るまでしばらく待機。
この踏切も工事が終わると無くなります。



chofu-07.jpg

左のフェンスで囲まれている部分に降りていきます。
ここで並んでいると、なんとなく浦安にある遊園地のような気分です。
行くのは地下のトンネルですが。



chofu-08.jpg

下がスケスケの狭い階段を降りていきます。
おぉ、こわいこわい。



chofu-09.jpg

ドジャーーーーーーーーン!!!
地下に降りたら凄い壁に阻まれました。
ザ・工事中。
猛烈に胸が高鳴る景色です。



chofu-10.jpg

ドッギャーーーーーーーーーン!!!
逆を見ると丸いトンネルが口を開けておりました。
凄い!
真ん丸だっ!!
しかも、狭い線路付き!!!

TX開業前の秋葉原の地下に行ったことがありますが、それ以上の景色です。
しかもこの先、調布駅までの1km弱を歩けるなんて堪りません。



chofu-11.jpg

ということで、ゆっくり歩いて行きます。
シールド工法という、真ん丸のドリルでザクザク掘り進めるため、
トンネルの断面は真円になっています。
実際に線路が出来る時には下側が平たくなりますので、
丸い断面を見ることができるのは今だけ!
僕達の冒険はまだ始まったばかりだっ!!



chofu-12.jpg

いや、それにしても丸いなぁ。
そして、つるんつるんだなぁ。
でもって、線路が細いのです。



chofu-13.jpg

ボ○バーマンがあらわれた!
>たたかう
>ぼうぎょ
>にげる
>わらう

なんでも、不発弾が発見された場所だそうです。
そう言えば、何年か前に京王線も止めて処理していましたね。
一緒に行った近所に住む方によると、近隣に住んでる方の一部に
避難勧告が出ていたそうです。
おぉ、こわいこわい。



chofu-14.jpg

しばらく歩いても基本的に同じ景色なんですが、
あの赤いの何だ???



chofu-15.jpg

同行の方が係の方に訪ねて判明しました。
停電時の非常灯となるそうです。
そして、電話とかが一緒にあるとのこと。
何があるかわからないから、こういうのも大切なんですね。



chofu-16.jpg

ぬりかべ。



chofu-17.jpg

ん??????
壁の色と材質が変わった。
そう言えば係の方が「壁が黒い部分は布田駅です」って言ってたなー。
ここでちょうど一駅分歩いたことになります。



chofu-18.jpg

ここから景色が一変して、黒い世界になります。
わ、なんかこの無骨な感じも素敵すぎるかも?かも?


ということで、今回は国領ー布田をお送りしました。
次回、布田ー調布をお送りいたします。
posted by ごん助。 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(1) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

京王線シールドトンネルの見学
Excerpt: 京王線連続立体交差事業のシールドトンネルの現場見学会に行ってきた。 (△追記:一緒に行ったごん助さんが詳しく書いていらっしゃるので、そちらをご覧下さい。)
Weblog: ひまつぶ誌かつおぶ誌 -annex-
Tracked: 2010-02-21 00:43